2種類の食物繊維でダイエット

2種類の食物繊維でダイエット

ダイエットには食物繊維が大きく関わってきますが、 このダイエットに用いる食物繊維はカロリーが多めでも、 しっかり摂取していれば小腸での吸収を抑えてくれます。 つまりは摂取カロリーを少なくすることができるということですが、 これはダイエットだけに留まらず便秘改善にもなり、 それが結果的にダイエットに繋がるということでもあります。

食物繊維を摂取されている方とそうでない方とでは脂肪の蓄積にかなりの違いがありますが、 そもそも食物繊維には水溶性の水に溶ける性質、 不溶性の水に溶けない2種類あることを理解しておきましょう。 そしてダイエットにはこの2種類を上手に摂取することが大事になってきます。 水溶性食物繊維にはアルギニン酸、グルコマンナン、フコイダンなどが含まれており、 これらは海藻類、果物などに多く含まれています。 先にも挙げたとおり水溶性とは水に溶けやすく、水分を吸収して膨れることと、 ネバネバした特徴があります。

これらがダイエットにもたらす効果には胃の中で膨れ満腹感がある、 小腸で脂肪やコレステロールを吸収して排出する、血糖値の上昇を抑える、 善玉菌のエサになり腸内環境を整える、便を柔らかくするなどが考えられますので、 食事の初めに水溶性食物繊維を食べるようにして効果をさらに引き立てましょう。

不溶性食物繊維は大豆、野菜、根菜類などに含まれていますが、 水分が少ないため吸収阻害効果は見込めません。 ですが咀嚼をよくすることで満腹感を覚える、胃が多少で膨れることを覚えるなどから食欲抑制にもなり、 また便の嵩を増やすことからも便秘解消にもなります。 不溶性食物繊維は水分を含まない分どうしても胃の中で膨れるということはありません。

ですからボリュームを増やすことはできるので、それだけ低カロリーな食事をすることもできます。 ここで注意しておきたいことはダイエットを成功させようと食べ過ぎるのには気をつけ、 しっかりとカロリーを摂取しながら栄養不足にならない範囲で 食物繊維でダイエットを成功させることが重要です。

Copyright (C) 食物繊維で便秘解消につなげる. All Rights Reserved.