食物繊維で便秘解消につなげる

便秘の時に効果的?!食物繊維の効果的な摂り方とは?

日常生活で非常に悩ましい問題として、多くの方が抱えているのが便秘とも言われています。 便秘は個人差もある事ながら、原因と性質というのはほぼ一緒ともされています。 便秘のメカニズムは、腸内に悪玉菌の増殖が善玉菌より上回ってしまう事で、腸内環境が荒れてしまい、 腸が思うように働かなくなってしまう事が主な原因とされています。 その便秘を誘発してしまうのが、生活習慣の乱れ、夜更かしやストレス、 バランスの良い食生活が出来ていない等が挙げられます。

特に気を付けたい所なのが、バランスの良い食生活です。 具体的にバランスの良い食生活って何?となる方が多い傾向があり、 栄養素の高い食品を積極的に摂取する事で解消される、と思われている事でしょう。

では、バランスの良い食生活とは?簡単に言うと、 食物繊維の摂取する事がバランスの良い食生活となってきます。 食物繊維には、大きく分けて二種類の食物繊維が存在します。 一つは水溶性食物繊維、これは水に溶ける食物繊維の事で、有名な所で言うと青汁、 ゼリー上に加工した緑茶等が挙げられます。 しかし、水溶性食物繊維は腸内環境を整える効果は乏しく、 ダイエット等で使用される事が多い食物繊維とされています。

そしてもう一つが不水溶性食物繊維、一般的に食卓に並ぶ野菜の事を指します。 社会人、忙しい方は不足しがちな栄養素の代表と言っても良いでしょう。 この二種類の食物繊維をバランス良く摂取する事で便秘の解消の効果をもたらす事が出来ます。 効果的な摂取方法としては、水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維、同じ量を一日に摂取するのではなく、 水溶性が1、不水溶性が2というバランスで摂る事で腸内環境を整え、 腸の働きを促して便秘を解消する事が出来ます。

しかし、ここで気を付けておきたいのがただ摂ればいいというわけではなく、 一般的に一日に平均25gとされていて、 これ以上摂取してしまうと腸の働きを助ける所か腸内で痙攣を起こしてしまう、 逆に体調が悪くなってしまう、なんてことも考えられます。 摂取量に注意して、二種類の食物繊維をバランス良く摂取する事で効果的に腸内環境を整え、 便秘を解消する事が出来ます。

Copyright (C) 食物繊維で便秘解消につなげる. All Rights Reserved.